FC2ブログ

ACROSEEDグループ・業務活動レポート

入管って混むね~

今日はひたすら書類作って、お客さんとやりとりをしました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
とても疲れました・・・
しかし入管は今の時期混みますね・・・やはり留学生が多いからかと思います!
番号札を引くと何百人待ちとかですもんY(>_<、)Y
何か効率のいい申請の仕方ってないですかね?
民主党さん、行政が混まないシステムを作ってくださいo(^▽^)o
ってそんなお願い難しいかσ(^_^;)
まあこれも仕事ですからね!頑張ります(*゜▽゜ノノ゛☆

それでは(;´▽`A``



鎌がないザクレロより

PS:メガ粒子砲しか撃てないじゃ~ん( ̄▽+ ̄*)
    22:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

労基法の改正

スタッフ写真:秋山さん

労働基準法が一部改正されます。


労働基準法の一部を改正する法律が平成22年4月1日から施行されます。

 改正の目的は厚生労働省労働基準局長の通達によると…
 「少子高齢化が進行し労働力人口が減少する中で、子育て世代の男性を中心に、長時間にわたり労働する労働者の割合が高い水準で推移していること等に対応し、労働者が健康を保持しながら労働以外の生活のための時間を確保して働くことができるよう労働環境を整備することが重要な課題となっている。
 
 今回の労働基準法の改正は、このような課題に対応するため、長時間労働を抑制し、労働者の健康を確保するとともに仕事と生活の調和がとれた社会を実現する観点から、労働時間に係る制度について見直しを行うものである。」



これをわかりやすい言葉で言い換えると…

 「15歳以上の働ける人たちが少なくなってきているのに、結婚して子どもを持つべき世代の男性は残業し過ぎています。これは少子化の原因のひとつとなっているので、残業を少なくして子育てできる職場環境を作ろう!」
(1週間に60時間以上の労働をする労働者の割合は全体で10.0%、特に30歳代の子育て世代の男性のうちで1週間に60時間以上もの労働をする者の割合は20.0%となっています。)



 法改正の主な内容は、次の3点になりますが、詳細については、次の機会で説明していきたいと思います。
① 「時間外労働の限度に関する基準」の見直し関係
② 法定割増賃金率の引上げ
③ 時間単位年休


労働局からのパンフレット(一部分かりづらいですが… そもそもの制度が理解しづらい?)がありましたので、ご興味のある方はご参考までにご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/091214-1.pdf

ACROSEEDの『Boarder社労士』でした。。。
    08:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

ACROSEED(アクロシード)

Author:ACROSEED(アクロシード)
 ACROSEEDグループは、行政書士法人、社会保険労務士法人、税理士法人、株式会社の4つの法人で構成されています。

 お客様の要望に応じてそれぞれの専門家がチームを組み、ワンストップでご要望にお応えします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR